プロフィール

べんぞう

当ブログに訪問していただきありがとうございます。

旅倶楽部を運営しているべんぞうです。

私のことを知っていただくために、簡単に
自己紹介をさせていただきます。

記事の内容

・べんぞうの基本情報
・べんぞうの生い立ち
・ブログを始めた理由
・最後にメッセージ

べんぞうの基本情報

・名前:べんぞう
・性別:男性
・年齢:還暦
・職業:送迎ドライバー
・職種:デイサービス
・出身:四国エリア
・家族:妻、息子
・趣味:スキューバダイビング
・夢:妻と一緒に飛鳥クルーズで世界一周

べんぞうの生い立ち

~幼少期

幼少期の記憶はかすかにありますが、はっきり
とは覚えていません。


なんせ50年以上前のことですからね((笑)



保育園のお披露目会で、こぶとりじいさんの役
をやったのをかすかに覚えてます。(ふる~)


家のすぐ近くが海だったこともあり、いつも泳
いでいた全身真っ黒の少年でした。

~小学生時代

サッカーをやったり野球をやったり、あらゆる
スポーツに興味を示す少年でした。



最終的には、友達に影響を受け野球にシフトし
ていったいた記憶があります。


水泳では、全国大会3位になったことも。

~中学生時代

野球部に所属していて、毎日野球に明け暮れて
いました。



足が速かったこともあり守備はセンター、打順
は1番でした。



私が所属していた野球部は、毎年、四国大会に
出場するくらいの強豪校でした。




四国大会で準優勝した経験もあります。




プチ自慢ですけど・・・。

~高校生時代

高校は、甲子園に何回も出場している名門校に
入学。



ところが、入学してすぐ上には上がいることを
思い知らされました。




心のどこかに、自分なら1年生からでもレギュ
ラーになれるんじゃないかという甘い思いは吹
っ飛びました。



ところが、私より才能があった連中は、練習の
厳しさに耐えられずどんどん辞めてしまったの
です。


その結果、3年生になった私はレギュラーにな
ることができました。



我慢はしてみるものですね。



最終的に、何度も決勝まで勝ち進むも甲子園に
出場することはできませんでした。



私の高校生時代は、365日野球に明け暮れた
3年間でした。

~社会人

卒業後は、大学に進学しましたが野球を続ける
ことはせず、バイトしたお金で海外に旅行して
いました。



卒業後は、旅行会社に就職。



旅行会社に就職した理由は「旅行好き」という
単純な発想です。




旅行会社では、ツアープランナーとして退職す
るまで働きました。


また、退職するまでの7年間は、採用担当とし
ても働きました。


取得した資格は以下の通りです。


・総合旅行業務取扱管理者
・国内旅行業務取扱管理者
・総合旅程管理主任者
・国内旅程管理主任者
・TOEIC
・観光英語検定
・旅行地理検定
・世界遺産検定


退職した後は、地元のデイサービスで送迎
ドライバーとして楽しく働く毎日です。

ブログを始めた理由

ブログを始めた理由ですが、いたってシンプル
で自分が今まで経験してきたことを、何か別の
分野で活かしたかったからです。



もちろん、今は現役ではないので今後の生活設
計を考えた場合、収入面において不安だったと
いうこともあります。



少しでも、収入を得られれば心にもゆとりが生
まれるのではと思って、ブログを始めたもう一
つの理由です。



私はチャレンジ精神が旺盛で、やったことのな
いことに挑戦してみたくなる性分なんです。



いくつになっても、チャレンジャーでいること
で若々しくいられるのかなって思ってます。

最後にメッセージ

多くの若い人たちが、ブログやSNSをやって
いるのを見て、60歳を超えた人たちの多く
は「もう年だから」と、覚えようとせず簡単
に諦める傾向があります。



私は、そんなシニアにはなりたくないし若い
人とも交流を持ちたいと思っています。



なぜなら、若い人から色んなことを吸収でき
自分も若返れるからです。



あのケンタッキー・フライド・チキンの創設
者カーネル・サンダース(ハーランド・デイ
ヴィッド・サンダーズ)は、若いころ何度も
会社倒産を繰り返していたそうです。



64歳になったころ、ガソリンスタンドでカ
フェを開きフライドチキンを売り始め、その
味がたちまちアメリカ中に広がり、今や世界
のケンタッキー・フライド・チキンに。



私も、カーネル・サンダースのようにいくつ
になってもチャレンジ精神を忘れないシルバ
ーでいたいと思っています。



今後の目標は、私が持っている情報を少しで
も多くの人に役立てていただけるように発信
していくことです。


よろしくお願いします

タイトルとURLをコピーしました